中ノ島公園の混雑がイヤなら「不入道水辺公園」がオススメです♪

先日、妻の友達親子が毎年恒例のお泊りにきていて、夕方から清滝に行く予定だったのですが、それまで時間があったので、不入道にある水辺公園に川遊びに行ってきましたー

那珂川町で川遊びと言えば、みなさんが思い浮かぶのはやっぱり「中ノ島公園」ですよね。

中ノ島公園は那珂川産の野菜や惣菜などを直売する「かわせみの里」の他、夏場はカキ氷の売店などもあり、本当に充実した公園ですが、有名なだけに夏場は町外からもたくさんの人が訪れるのでとにかく混雑します。

夏休み中は天気が良ければ平日でも本当に人が多くて、なかなかのんびり楽しむという雰囲気でもありません。

ましてや土日祝日になれば、第3まである駐車場がすべて満車になります。。

休日の公園内はこのありさま..
夏休みは大混雑の中之島公園

そこで今日は!そんな混雑を避けたいあなたのために、、

中ノ島公園からほど近くの「不入道水辺公園」を紹介したいと思います!




場所、アクセス

不入道水辺公園の場所はこちら(Googleマップ)

場所は385号線なので説明するまでもありません。南畑の入口「山田の交差点」から車で3分ぐらいでつきます。

この青い看板と駐車場が目印です。
国道385号線からの見える公園の看板

駐車場は6~8台ぐらいしか停めれません。埋まってたら諦めてくださいw




どんな公園?

実は公園とは言っても、設備は特に何もありません。

上(駐車場)からみた公園
上から見た公園

駐車場から階段で水辺に降りて川に入れる。それだけ。

ベンチやテーブルはおろか、東屋のような屋根があるところもないです。

でも必要にして十分じゃないですか?川遊びしに行くんですから。

まあ本音を言えば、トイレだけでもあったらありがたいんですけどね。

なるべく遊ぶ前にトイレには行っておいて、もし行きたくなったら中ノ島公園に用だけ足しにいくしかないです。(後述しますが、近くに金土日だけ営業しているカフェもあります。)

ちなみに川遊びに参加しない人や休憩するとき用のレジャーシートは必須です。

我が家はタープ持参で万全にしました。
階段脇の草エリア

写真の左奥に見える木陰を使用すれば、直射日光を避けれます。(西陽の時間帯は日が当たりそう)

見ての通りですが、たくさんの人がレジャーシートを広げて寛ぐほどのスペースはありません。




小さな子どもでも手軽に川遊びできて自然が楽しめる!

中ノ島公園はかなり公園っぽさがあるのに対して、こっちは何もなく比較的空いているので、自然の中が遊んでいる感じを楽しめます。

那珂川上流(中ノ島公園)方面の景色

どうですか?国道からちゃっと階段おりてここで遊べるって魅力的じゃないですか?

もちろん浅瀬なので子どもも遊び放題♪
浅瀬で子どもは遊び放題

大人なら膝までズボンをまくれば濡れずにすみます!
大人も子どもも一緒に遊べる

全体に浅瀬で、スポット的に深いところがあったとしても、3歳児とかでもひざ上ぐらいまでしかないと思いますので、基本的には目を離さないようにだけしておけば安全に遊ばせられます。

ただし、当日の状況によって深さは変わりますし、流れの勢いが違うと思いますので、川の状態をよく見て判断してくださいね。

雨がたくさん降った後やダム放流中などは危険です。

入口と反対側から見た感じ。
向こう岸から入口側を見た感じ

タニシを発見。
たにし

こどもたちと一緒に観察してみました。

タニシは右巻きの貝殻をもっているので、それらしき生物を見つけたらよく観察してみましょう。

タニシには川の水を綺麗にする「水質浄化能力」があって、川には欠かせない存在です。意地悪しないで観察したらやさしく川に返してあげてくださいね。

川は生き物宝庫です♪

▼たこめがねがあると、じっくり水中観察できますよー♪




川の中にも日陰があるのがポイント♪

正直、先日行った時は川岸の日陰にいても、気温が高くてじんわり汗かくぐらいでした。

かといって、着替えも持たずに子ども一緒になって飛び込むわけにもいかない。

そんなとき、ここは川の中でも入口と反対の奥側が、午後になると日陰になって、なおかつ腰が掛けられる大きめな岩が結構あるので、水に足をつけて日陰で寛げちゃうんです。

するとあら不思議。「まぁ涼しいこと!」

子どもたちを見守る妻。
中ノ島公園はかなり公園っぽさがあるのに対して、こっちは何もなく比較的空いているので、自然の中が遊んでいる感じを楽しめます。

こんな感じで足だけ水に浸かりつつ、のんびり寛いだら気持ちよすぎて、つい顔もほころびますよねー

ちなみに中之島公園もそうですが、今時期の猛暑の時期は川の水はだいぶぬるく感じます。でも日陰で足を浸けてのんびり過ごすには以外とちょうど良いぬるさでした。

日陰エリア。座れそうな岩もちらほら。
午後は向こう岸寄りが日陰に

陽の向きによって変わりますが、一番暑くなってくる昼ぐらいからは日陰エリアがしっかり奥側にできてくるのでバッチリ!

大人になっても裸足で自然に足を踏み入れるのは気持ちいいものです。
手足をつけてのんびり

奥様方もご満悦。

最後はみんなでワイワイ。
みんなでワイワイ

やっぱり親も寛いだり一緒に遊んだりできるって重要なんですよね。

子どもってこういうところで、飽きることなくずっと遊ぶけど、親が退屈だったり日差しが強いとか、限界が来るのが早くて、さっさと1時間ぐらいで「もう帰るよ!」ってパターンが多くなりがちです。

でも、やっぱり自然の中ではクタクタになるまで存分に遊ばせてあげたいじゃないですか。

そう考えると、ここはのんびり半日ぐらい過ごせていいのです。(せめてトイレがあれば…w)




みんなルールを守って遊びましょう。

不入道水辺公園のルール
禁止事項

那珂川町の大切な遊び場です。みんなでルールを守りましょう。

注意!
川で遊ぶ上での注意

先ほども書きましたが、普段は浅瀬で流れも緩やかですが、川の状態によっては充分に事故が起こりえます。

雨が降っているときはもちろん、雨の降ったあと(前日に降ったときなども)、ダムが放流しているとき、普段とは流れや水量(深さ)は変わります。また、ここにも書いてあるように上流だけ雨が降っているときもあるので、水量が増えたらすぐに上がりましょう。

悲しい事故は起きて欲しくないですし、事故が起きると立ち入り禁止になる可能性もあるので、そうならないように注意しないといけません。

河川環境についての看板。
たにし

努力なくして、綺麗な川は守れません。魚を放流したり、環境を守るために努力している人たちがいます。

五ケ山ダムができて、また河川環境が変わると思いますが、近隣住民や行政だけでなく、できる限り利用する人も協力して綺麗な川を維持したいですね。




すぐ近くに南畑の人気カフェ「スリーツリーズ」があります!

不入道水辺公園から歩いて3分ぐらいに金土日だけ営業している「THREETREES(スリーツリーズ)」というcafeがあります。

公園の向かいあたりから東側(山田から来たら左)の路地に入ります。
スリーツリーズの曲がり角(拡大)

小さくて見落としがちですが看板が出てますよー
スリーツリーズの曲がり角

店主の三森さんは、彫金師(ジュエリデザイナー)でウェディング関連のお仕事を中心にされてますが、その工房の1階がオシャレなカフェになっていて、週末(金土日)は一般のお客さんもカフェを利用できます。

ちょー気さくな人なので、川遊びをたっぷり楽しんだあとは、コーヒーを飲みに行くのもオススメです。

おじいさんの蔵を改装したオシャレなカフェで、ハンモックや卓球台などもあって、意外とまったりせずに遊んじゃうかも!?w

↓娘@スリーツリーズ

まっつんさん(@mattsunnosuke)がシェアした投稿

実はぼくはここの工房を間借りして仕事をしています。今もこの記事はスリツリーズで書いてますw

もし、スリーツリーズにお越しいただい際には「今日はまっつんはいますか?」と聞いてみてくださいw

ちなみに金土日でも営業していないときもあるので、instagram等でチェックするか直接お電話した方が良いかもしれません。

三森さんのinstagram
THREETREESのinstagram
080-8438-1389