人気上昇中の「南畑」に移住するならまずはSUMITSUKE那珂川へ♪

ぼくが移住計画を進めている、那珂川町の里山エリアの南畑。

まだまだマイナーではありますが、「南畑ダム」といえば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか。

その南畑ダムより少し手前の中山間地域が南畑になります。南畑は背振山系の膝下なので、水と緑が豊富で魅力が詰まってます。

しかし、南畑小学校は生徒数が減少しつづけていて、このままだと遠くない将来に「廃校」の危機にさらされる可能性があります。

それをなんとかしようと行政でも南畑への移住促進に力を入れてます。

その一環として、移住希望者の窓口や魅力の情報発信を目的として、2016年に立ち上がったサービスが「SUMITSUKE那珂川」です。

SUMITSUKE那珂川 公式サイト

実は2年前にSUMITSUKE那珂川がはじまった当初にぼくも問い合わせをしてました。

↓その時の記事がこちら
もっと田舎への移住に対しての自分の気持ちを初めて少しだけ整理できた。

しかし、まだ那珂川町に越してきたばかりで、南畑への移住はまだしばらく先だと思っていたこともあり、そのときは「そのうち伺います。」という感じで訪問しないまま放置してました。当時の担当の方ごめんなさい(>人<;)

それから2年の間に、幾度となく南畑を訪れ、そこら中を車で走って回ったり、南畑へ移住してきた方や、地元の方とたくさん知り合いました。

そして、今年から自分の中で南畑への移住イメージが具現化してきて、今現在は色々と動きを進めているところですが、土地や家探しに入ったら、やっぱり自分では簡単には行きません。

というわけで、2年の歳月を経て、SUMITSUKE那珂川に相談しに行ってきました!

場所は中ノ島公園の駐車場のすぐ横の四季彩館のとなりです。

はじめて近くで見ましたが、なんだか近代的♪
SUMITSUKE那珂川外観

センスのいいサイン。
SUMITSUKE那珂川入口サイン

土日はちょっと変則的なオープンのようです。
SUMITSUKE那珂川入口の案内板




現在は南畑ぼうぶら会議が運営していて、福岡R不動産がサポートをしているようです。

ぼくは自分の移住プランが明確になっていたので、それを実現できる物件探しのお手伝いを依頼する感じでお話させてもらいました。

ぼくの移住プランはこちらの記事で力説してますw
貧乏人が地方都市の郊外に移住するための完璧な方法を思いついてしまった。

結果的に、SUMITSUKE那珂川にオーナーから売却の相談があったものの、諸事情でSUMITSUKE那珂川では取り扱うことができないという案件を、ぼくの個人責任でという前提のもとで教えていただきました。

まぁ簡単に言うと「ワケあり物件」なのですが、あくまでもSUMITSUKE那珂川として物件を紹介していただいたわけでなく、取り扱えないので直接オーナーさんと繋いでいただいたという感じです。

その「ワケあり物件」についてはまた改めて話します。うまく話がまとまると面白いんですけどねー

話を戻します。

地域にしっかりと密着している

SUMITSUKE那珂川の良さはこれにつきると思います。南畑ぼうぶら会議が運営しているので当たり前といえば当たり前ですが。

田舎町に移住しようと思ったら、地域の人たちとの関わりは避けられません。そういった意味でも地区ごとに込み入った事情があったり、移住する上で理解しておかないといけない事情ってたくさんあります。

それらを一介の不動産業者が理解していないことも多いと思います。

SUMITSUKE那珂川はこれまで新規物件開拓のために、南畑を隅から隅まで自分たちの足で回ってきたそうです。だからこそ、相互理解が深まっているわけです。

また行政の移住促進事業と絡んでいるので、利益だけを重視しているようなサービスではないのも、移住者には心強いですね。

南畑に移住を検討している方は、まずはSUMITSUKE那珂川へどうぞ!