[キャンパー必見]志高湖キャンプと由布川峡谷キャニオニングの最強セットで遊びつくせ!

明日からお盆休みですねー

しかも今回は13日が月曜なので、5日以上休みがある人も多そうですね。羨ましいっ!

ぼくは移住計画でやること満載なので、特にお盆中にでかける予定はありません。。

だからというわけではありませんが、九州の皆さんにぼくのとっておきの「家族でアウトドア満喫プラン」を紹介するので、まだ予定が決まってない方は是非参考にしてみてください!

タイトルの通り、志高湖キャンプ場で1泊して、由布川峡谷で遊ぶというプランですが、今回は時間がないので、写真を中心に簡単にだけ紹介させてもらいます!

———-
記事執筆中に気がついたのですが、現在の由布川峡谷は入口が閉鎖されていて峡谷内の水辺に下りることができないようです。せっかくですので、由布川峡谷の紹介はそのままさせていただきますので、ご注意くださいませ。

↓キャンプとキャニオニングをセットで楽しむなら藤河内渓谷もオススメです!
大分の藤河内渓谷が大ヒット!キャンプ場はテントから出て10秒で川遊びができる!
———-

由布川峡谷の情報だけ見たい方はこちらからどうぞ




志高湖キャンプ場はコスパ最強すぎて泣ける

大分はもちろん、福岡のキャンパーでも結構行ったことある人が多いぐらい人気のキャンプ場ですね。

人気の理由は絶対的なコスパ

1人 320円(3歳以上)

テントが2ルームだろうが、何人用だろうが、
タープがあろうがなかろうが、それだけ。

あとは車乗り入れが1台430円

4人家族で車乗り入れて、広々使っても1810円!

知らない方も多いですですが、志高湖は「阿蘇くじゅう国立公園」に含まれていて、別府市によってきちんと管理されているので整備も行き届いて綺麗です。




施設、設備など

テントサイト
全エリアフリーサイト
基本的には草地ですが、トイレや炊事棟の前のエリアは草が結構ハゲてます。
トイレ
入口近くの1箇所しかありませんが綺麗です。
炊事棟、洗い場(水道)
炊事棟は入口近くのみ。水道は奥の方まで合わせて全部で3ヶ所ありますが、入口近くの洗い場以外は、水汲み程度に考えた方がいいと思います。
アクティビティ
手漕ぎボート 30分 530円
ペダルボート 30分 1080円
レンタサイクル 60分 1台 300円
売店
管理棟に売店があります。
管理人は3~11月は常駐、12月~2月は8時30分~17時
酒、菓子、カップ麺、薪などを販売してますが、ガス缶はなかった気がします。。
ゴミ
使用料に専用ゴミ袋が含まれているので分別して捨てられます。
最寄りの施設
車で、コンビニ、スーパーが約10分

やっぱりコスパ最高ですねー




憧れの湖畔ロケーションでゆるゆる楽しむ

湖畔ってやっぱ特別ですよねー。林間とも河川敷とも違ってとにかく雰囲気がサイコーにいい!(酔っ払ったらドボンに注意w)

湖畔で宴会♪
ほぼ貸切状態の湖畔で宴会♪

志高湖は奥の方まで行けば、トイレが遠くなるせいもあってか、週末でも結構空いてます。この日は海の日の前日の日曜ですよ。やばいでしょ。

ちなみに入口近くのエリア以外の湖畔エリアは、完全にフラットなスペースは少ないので混雑しているときは、フラットで快適なスペースは争奪戦になります。

それにしてもレイクサイドは超絶気持ちいい!
レイクサイドは最高!

奥には由布岳ドーン!のこの感じは山好きにはたまらんです!

僕らの村。
ぼくらの村

完全にフラットではないと言ってもこの程度なら余裕でしょ?

湖畔の朝は白鳥がお出迎え!
湖畔の朝は白鳥がお出迎え

何この非日常的な演出w(もちろん有料サービスではありません。)

とにかく、こんな感じでロケーションが本当に素晴らしいのです。




気温はやや低め

志高湖は標高600mほどの高地なので、気温は一年通して平地より3~5度ぐらい低い感じです。

冬はそれなりに寒くて雪もボチボチ降りますので、防寒はもちろんですが、雪が降った後はチェーンやスタッドレスなどが必要なタイミングもあるので注意が必要です。

ちなみに真夏は普通に暑いですw




由布川峡谷でキャニオニング

写真での簡単な紹介ですが、充分に魅力は伝わると思います♪

というか、絶対に肉眼で見てほしい景色なので、写真も控えめに載せておきますね。

猿渡入口の橋から見たスタート地点。
由布川峡谷の入口(猿渡入口)

階段おりた時点で、ガツンとハートを持っていかれる絶景が目の前に。。
由布川峡谷キャニオニング2

歩を進めていくと、さらに幻想的な光景が広がっていきます。
由布川峡谷キャニオニング1

椿入口のすぐ下。ところどころ荒れたところがあります。
由布川峡谷キャニオニング3

ただただ圧倒されながらじゃぶじゃぶ歩く妻。
冒険感がすごい

「秘境感」と「冒険感」は完全に映画の中レベル。。

大人で胸ぐらいまで浸かるところもあるので娘は浮き輪持参!
娘は浮き輪持参

どこまで行くかによりますが、奥に進めば進むほど、やや深いエリアがありますので、子供には浮き輪やライフジャケットなどが必須となります。

それと濡れたら困るものは、防水サックなどに入れた方がいいです。

岩場もなんのそので突き進む娘。
岩場もなんのその

このとき娘は3歳になったばかりでしたが、山で鍛えていて特殊なので、アウトドアアクティビティに慣れてない子は、小学生ぐらいからの方が無難だと思います。

奥の方に行かなければ、幼稚園児とかでも楽しめるような浅瀬エリアもあるので大丈夫です。

また、見ての通り、水の中や足元の悪い岩場を歩くので、沢靴、マリンシューズ、ホールド性のあるスポーツサンダルなどがあった方がいいです。それと夏でも水は冷たいので休憩時に羽織る上着なども必須です。

猿渡からだと一般的には遡行して上流側に進んでチョックストーンのポイントまで行く人が多いですが、ぼくらが行ったときは土砂や流木が溜まっていて難儀しそうなポイントがその手前にあったのでそこ折り返しました。

チョックストーンも見たいですし、チョックストーンより先は幅がどんどん狭まり、水深も深くなって、滝のぼりもあったりで、まさに核心部となるので、必ずリベンジしに行きたいと思います。

もちろんその際には、「由布川峡谷キャニオニング徹底解説」も書いちゃいますw(乞うご期待)




現在、峡谷の入口は全て閉鎖されています。

【由布川渓谷を訪れる方へ 2018年5月30日付】
由布川峡谷の水辺へ下りる階段は、「椿入り口」「猿渡入り口」どちらも通行止めのままです。
通れる様になりましたら、このHPに直ぐに掲載致しますが、現在のところ通行止め解除の見通しは立っておりません。

引用元:はさま由布川峡谷観光協会

実はぼくもこの記事を書きながら、ネットの情報で知りました。。

昨年ぼくらが行ったとき(2017年7月)は、既に熊本地震の影響で椿入口は閉鎖されていましたが、猿渡入口から入れたのですが、そのあとの9月の台風の影響で猿渡入口の階段が崩落したようですね。。

美しくて素晴らしい峡谷なので、早く復旧して欲しいです。




今回は意気揚々と書き始めた割に、残念な結果が待っていたわけですが、志高湖キャンプと由布川峡谷のキャニオニングをセットにした1泊2日は本当に最高なんです!

復旧した暁には、まだどちらも行ったことがないことは、是非この最強セットを試してみてください。