セルフビルド(自作キット)のミニログハウスが合理的すぎてやばい!

以前にも書いてますけど、ぼくは自分で家を建てたいという夢があります。
(関連記事:黒板五郎は憧れの最強DIYマイスター

北の国からの五郎さんのようにトンカンやって家を建てたいのです。

まっつん(猿ver)サムネイル
お前にできる?(笑)

しかし、現実的にはそんな時間もないし、広い土地を買うお金もないし、、

早い段階で、生活コストがかからない田舎暮らしを叶えようと思ったら、今流行りの自作の小屋暮らしがいいのではないかと思ってました。

まっつん(カフェver)サムネイル
妻はモーレツに反対してますが..(苦笑)

そう、「ウォールデン-森の生活」の著者で有名なソローのように。

自由になるために必要最低限の小屋を建てて暮らす。

こういうクレイジーなことしたいじゃないですか。

ん?したくないって?

いやいや、だって合理的だし、ぼくはDIYも好きなので楽しそうだし、何より生きるためのコストが安く済む♪

ソローもそうですが、実践している人の話をネットなどで見てると、だいたい50万~100万ぐらいで小屋を建てているような感じですしね。

まっつん(カフェver)サムネイル
思ったより安いんです。

ソローの「ウォールデン-森の生活」を読んだことがある方はわかると思いますが、哲学や思想がとても難しく書かれていて、僕はまともに理解できませんした(笑)

↓この本はとても読みやすくわかりやすいので、是非読んでみてください!

しかしねえ、、建築のど素人、仕事しながら片手間で週末にトンカン、
そんなまともに住めるかもわからないような小屋で生活するのは、
自分一人ならまだしも、小さい子供がいる家族3人だとかなり微妙な気がする。

山の奥の方にいけば、朝晩は氷点下なんてこともざらにあるし、
もはや不便を通り越して、命の保証さえもない、必要最低限以下の生活になるのかも。。

しかもその上、ダサくてボロいだなんて。。うぅー泣ける。

ってことで、一時はタイニーハウスジャパンさんのような、
こんなオシャレなトレーラーハウスなんかもいいなと思ったんだけど、
四畳半ぐらい?の一番小さいやつでも300万ぐらいはするんですよね。
そもそも価格の前に娘が3歳とはいえ、3人家族でそんなところに住めるわけない(^_^;)

そして、昨日ついに見つけちゃったんですよ。
セルフビルド(自作キット)のミニログハウス!

ログハウスに自分で建てるためのキットがあるというのは聞いたことがあったけど、
小さなログハウスがあるなんて全く想像もしてなくて、
勝手に「ログハウス=でかい」という図式が自分の中でできあがってました。

それがあったんですよ。。みつけちゃったんです。。
最初に「なにこれ!?30万!?」ってなったのがこれ↓

倉庫www

そう、狭いんです。 まぁでも少し調べたら、100万前後で家族3人でミニマムライフを遅れそうな
セルフビルドのミニログハウスは結構あるっぽいんですよ。

もはや完成度が低い自作小屋を、同じぐらいのコストと、
とてつもない労働力をかけて建てる意味なんてどこにあるんだろうか。。
生活コストを抑えられるなら早くスタートできるに越したことないでしょ。

仮に小屋暮らしを始めると月に3万生活コストを下げられるのだとすれば、
3ヶ月早くスタートできれば約10万既に貯金ができてるわけですから。

ミニログハウスのおかげで、南畑への移住計画が突然ぐっと近づきました。
色々調べよっと♪