温泉にプールに釣堀あり!ファミリー向けの山鳥の森オートキャンプ場に行ってきました♪

以前から、よく耳にしていた南小国の「山鳥の森オートキャンプ場

行ってみたいなーと思っていたものの、南小国だと「くじゅう」のすぐ側なので、どうしても「坊ガツル」優先になってしまって、なかなか行く機会がありませんでした。

今回は、予定していた山登りが雨予報で中止になり、これはチャンス!と思い「山鳥の森オートキャンプ場」に行ってきましたので、レポートしたいと思います♪








山鳥の森オートキャンプ場の概要

山鳥の森オートキャンプ場内マップ




基本情報

所在地
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6229
Googleマップで見る→
電話番号(問い合わせ・予約)
0967-44-0997
受付・売店の営業時間
8:00~21:00
予約の受付時間
8:00~21:00
チェックイン・アウト
チェックイン13:00
チェックアウト11:00
休業日
不定休
※農繁期や厳冬期は臨時休業あり

売店には、各種キャンプ用品のレンタル(寝袋、調理関連器具、ランタン、マット等)や販売(薪、ガス缶、飲み物)など、色々となものが揃ってます。




どんなキャンプ場?

南小国といえば、黒川温泉が有名ですが、そのお隣の「白川温泉」のエリアにある、森に囲まれたキャンプ場です。

オーナーさんは、ほうれん草作りの百姓だそうです。

まっつん(カフェver)サムネイル
ほっこりしますね。

マップで見てもわかる通り、意外と区画数はあります。

  • オートサイト 全32区画
  • フリーサイト 約15張りぐらい
  • バンガロー 3棟

何と言っても、滞在中に何度でも自由に入れる温泉が魅力です。

また、敷地内にプールや小さな川が流れていて、釣堀などもあり、ファミリー層を中心にリピーターが多いのが特徴です。

  1. 自由に利用できる温泉がある
  2. 敷地内に遊べる小川がある
  3. 天然水を利用したプールがある
  4. 釣堀があって釣った魚が食べれる

このあたりの魅力も、後ほど詳しく紹介していきたいと思います♪




とにかくオーナー夫婦の評判が良い

管理棟

温泉、プール、釣堀など、キャンパーを魅了する充実した設備を絶賛する人も多いですが、一番の評判は、、

親切なオーナーご夫婦です。

実際にぼくが電話予約した時も、奥さんの人柄がにじみ出ていている感じで、親切でとても気持ちの良い対応でした。

そして、当日の受付時も初めての利用ということを告げると、場内のことやルールを丁寧にわかりやすく説明してくださり、皆さんが絶賛されるのも納得できました。

まっつん(カフェver)サムネイル
ぼくの場合は、管理人さんがいい人だと、キャンプ場の評価は3割増しになります(笑)

キャンプ初心者の方の質問とかにも、親切に答えてくれると思いますので、わからないことは何でも遠慮なく聞いてみましょう♪




利用料金(宿泊)

宿泊料金

まっつん(猿ver)サムネイル
こういう手書きっぽいの好き!

温泉の利用料金が含まれていると考えれば、高くはないかなと思います。

入村料
大人1名(中学生以上) 800円
子供1名(3歳〜小学生) 500円
オートサイト
3,000円〜3,500円(区画の広さにより)
オートサイト
テント一張り 3,500円
一体型(2ルーム等)一張り 3,500円
タープ一張り 500円
バンガロー(最大7名)
4名まで 10,000円
5名以上は1名につき
大人1,000円/子供500円
キャンピングカー
フリーサイト使用 2,000円
ツーリング
フリーサイト使用(一人用テント) 1,000円
延長料金
チェックアウトの11時を過ぎた場合
バンガロー 1,000円/1時間
テント 500円/1時間

釣堀やプールの利用料金は別途必要です。




アクセス

山鳥の森オートキャンプ場の場所をGoogleマップで見る

大分道「玖珠インター」から50分ぐらい
大分道「日田インター」から1時間10分ぐらい

福岡方面からだと、どちらのインターを使っても、それほど時間は変わりません。

個人的には国道212号線の川沿いの道(特に杖立周辺)は気持ちいいので、ドライブがてら日田から向かうのがオススメです。

黒川温泉を過ぎて、白川温泉方面に右折してからは、曲がるポイントをうっかり通り過ぎそうになるので、ご注意ください。

看板はキャンプ場のすぐ近くのこれしかありません。
山鳥の森オートキャンプ場入口




サイトはどんな感じ?

オートサイトは早めに埋まるみたいで、我が家は前日に予約したので、無条件でフリーサイト利用になりましたが、逆に良かったのかもしれません。

オートサイトはちょっと狭めで、2ルームなどの大型テントにタープとかはちょっと厳しいっぽいです。

フリーサイトは車は別の場所に停めるので、逆に区画内を広々と使えました♪

フリーサイトは広々

ちなみに、荷物の積み下ろしの際は「乗り入れOK」で、駐車場所も歩いて30秒ぐらいだったので、フリーサイトでも全く苦を感じませんでした!

強いて言えば、各サイトは区画によって、草があったりなかったりで、我が家が利用した区画は草はなく土だったので、草の方がよかったなーというぐらい。。

なお、ちょっと気になったので確認したところ、オート、フリーともに、今は土が露出している区画の方が多いそうです。

お隣のオートサイト
フリーサイトの奥にオートサイト

お隣の更に奥に見えるのもオートサイトですが、ご覧の通り、かなり密集している印象ですね。

管理人さんは親切なので、草地がいいとか、テントが大きめでタープを使いたいとか、サイトを広めに使いたいという人は、予約の際に相談してみると良いと思います。




トレイは全て水洗でキレイです

トレイは全て水洗で、写真を撮るまでもなく、普通にキレイでした。




温泉(内風呂と露天風呂がある♪)

15時半〜翌朝8時半まで入り放題です。

温泉外観

なんか思ったよりイケてません?笑

実際は、建物や脱衣所なんかも古いですが、特に不衛生な感じとかはなくて、めっちゃ温泉に癒されました。

内風呂と露天風呂があります。

以前は家族風呂もあったけど、熊本地震の影響で、今はもうないそうです。

内風呂
内風呂

露天風呂
露天風呂

やっぱりキャンプ場内に温泉があるって最高ですね。

だって、お風呂上がってすぐサイトやもん。

まっつん(猿ver)サムネイル
ビールもすぐ飲めるっ!
まっつん(カフェver)サムネイル
まっつんはビールは飲めません(笑)



釣堀(釣った魚は食べれる♪)

ファミリーで賑わう釣堀

利用料 300円(釣竿、餌、バケツ付き)
制限時間 2時間

釣った魚は、一匹毎に250円で必ず買取りになるそうです。(リリースは不可)

どなたかの釣果をパシャリ
釣った山女魚

山女魚(ヤマメ)ですかね?(間違ってたらすいません。。)

子供たちも喜びそうですし、焼いて食べたら美味しそうですね♪




天然水プール

プールは夏休み期間のみ利用できます。

1日利用大人500円/子供300円

川の水を引いていて、かなり冷たいみたいです。

閉鎖中のプール(多分これは雨水)
閉鎖中の天然水のプール

ネットでオープン中の写真も多数見ましたが、もちろん水はキレイです。




川遊び

小川で水遊び

6月初旬で、まだまだ水が冷たかったので、足しか入りませんでしたが、気持ち良かったです♪

川原

川原はこんな感じで、遊べる範囲はそこまで広くはないです。

夏はやっぱりプールの方が人気でしょうね。




まとめ(ファミリーや初心者に特にオススメです!)

やっぱり、温泉、プール、釣堀、川遊びと、他のキャンプ場にはない設備が、大きな魅力的ですよね。

特に夏は、子連れでアクティブに楽しむならかなりオススメのキャンプ場です。

しかし、「大人だけでのんびり」となると、区画の狭さ混雑具合いがネックになりそうです。

我が家は土日に行きましたが、日曜が朝から雨予報だったので、キャンセルも結構出ていたようで、予約時に「今週末はかなり余裕がある」と言われたものの、それから直前の予約が結構入ったみたいで、現地で受付したときには30組超えたと行ってました。

まっつん(カフェver)サムネイル
翌日が朝から完全に雨予報で30組ってすごいですよね?(苦笑)

そして、半分以上が子連れキャンパーで、とにかく場内は賑やかなこと。

まっつん(猿ver)サムネイル
林間学校みたいだった!笑

それはそれで楽しかったですけどね。

子連れのファミリーキャンパーは一度は行ってみてください。

予約はお早めに!