やさしいお洗濯のススメ。洗剤いらずの「ベビーマグちゃん」はじめませんか?

みなさんは洗濯用洗剤を使ってますか?

おそらく、これを見ているほとんどの方が洗濯用洗剤を使っていると思います。

しかし、我が家では数年前から洗濯用洗剤は使ってません。

とは言っても、何も使用せずに水道水だけで洗っているわけではありません。

こちらの「ベビーマグちゃん」を使ってます。

ベビーマグちゃん1

今日は、この洗濯革命とも言われている「ベビーマグちゃん」について、紹介していきたいと思います。








ベビーマグちゃんとは?

ベビーマグちゃんは、マグネシウム加工のエキスパートと言われる「宮本製作所」が開発した、マグネシウムを使用した洗濯用品です。

ベビーマグちゃん以外にも、いくつか同シリーズの商品があり、シリーズ累計で250万個販売され、ガイアの夜明けをはじめ、一部メディアでも取り上げられている密かに話題の商品です。

ベビーマグちゃんと商品名から、赤ちゃん用の商品を想像する人も多いようですが、「敏感な赤ちゃんの衣服の洗濯にも安心」という特徴が商品名に反映されているだけで、もちろん大人の衣服の洗濯にも使用できます。




まず、我が家がベビーマグちゃんを使い始めた経緯や、市販の大手メーカーの洗剤に関するお話から。




合成洗剤はもう使いたくない。

多くの家庭で使用されている、CMなどもでもよく見かける大手メーカーの洗剤は、「合成洗剤」です。

合成洗剤とは、簡単に言うと、化学合成された自然界に存在しない石油由来の「合成界面活性剤」が主成分の洗剤です。

この「合成界面活性剤」が、人体や環境などに様々な悪影響を及ぼすと言われています。

まっつん(猿ver)サムネイル
なんとなく聞いたことはあるような。。
まっつん(カフェver)サムネイル
大手メーカーはマスコミのスポンサーだからメディアで悪評はあまり取り上げないからね。その手の情報はググったらわんさか出てくるよ。



肌から化学物質を吸収してしまう

人の体は、様々な成分を、粘膜からだけでなく「皮膚」から吸収します。

特に「合成界面活性剤」は浸透力が強く、体内に侵入しやすく、血液中に入った成分は排泄されてませんので、一定期間体内に残留します。

汚れを落とす成分だと考えれば、体に悪いのは容易に想像がつきます。

手荒れやアトピーなどはわかりやすいですが、内臓などにも障害をきたすようです。もちろん胎児への影響も。

衣服は24時間触れているものなので、仮に微量だとしても、常に化学物質を吸収し続けていると思うとゾッとしますね。




環境も汚染している?

これについては、ぼくも色々とネットで調べてみましたが、石鹸メーカーと合成洗剤メーカーのそれぞれの思惑や、関係機関の情報が錯綜していて、正直よくわかりません。

以前は、確実に河川などを汚染していたようですが、下水処理場の普及率や処理能力の向上、および成分の変更により、現在市販されているものは、下水処理で98%〜99%除去できるというのが有力なようです。

いずれにせよ、下水処理がなされなければ、合成洗剤が著しく環境を汚染するものであることは間違いありませんので、個人的にはやっぱり合成洗剤を自分の家から排出するのは嫌だな〜と思いました。




香害問題が身近になった

ある日、山友(女性)が打ち明けてくれたこと。

柔軟剤を使っている人が近くにいると、その匂いで頭痛や吐き気など、具合が悪くなって耐えられない。

まっつん(カフェver)サムネイル
あー、ぼくも昔から厚化粧の人から匂う「化粧品の匂い(ファデーション?)」が苦手で、エレベーターとかで一緒になるとめっちゃ辛いからわかる!

最初はそんなぐらいに思っていたけど、彼女の場合は全く次元が違いました。

山に行っても、100mも前を行く人が残していった匂いでさえ気分が悪くなる。とのこと。

まぁ登山道なら一時我慢すれば済みますが、問題なのはそのぐらい彼女にとっては、その匂いが強烈だということ。

そして、彼女が最も悩んでいたのは身近な人たちの匂い。

直接、本人に言えない彼女は、Facebookで必死で周りの人たちにアピールしてました。

「私の周りにも、私を苦しめる柔軟剤を使っている人たちがいます。」と。

あろうことか、対象であるその人は、その投稿に「いいね」をして、また次に会うときも同じ匂いをまとったままだったそうです。。

つまり、同情している本人は、自分が加害者であることに気づいていないわけです。なんとも皮肉な話。

今でも彼女は、匂いに悩まされ続ける日々を送っています。(少しは減ったのかも)

我が家では、元々妻がナチュラル志向なので柔軟剤は使ってませんでしたが、彼女がベビーマグちゃんを教えてくれたので、それから愛用するようになりました。

ちなみに、我が家で合成洗剤を使わなくなってからだいぶ経ちましたが、今ではぼくも妻も柔軟剤の匂いはとても苦手になってます、

実際に、この柔軟剤をはじめとする香りに悩まされている人は意外に多くて、社会問題にもなっています。

以下の記事もぜひ読んでみてください。
日本に新しい公害が生まれています。




洗剤は不要のベビーマグちゃんにベタ惚れ中!

というわけで、ベビーマグちゃんを教えてもらったことで、我が家では合成洗剤と無事にさよならすることができました。

洗剤いらずだから余計な心配もいらないし、実はこのベビーマグちゃんは意外と経済的なんです!

でも、洗剤なしで洗濯物の汚れが落ちるの?

そう思いますよね。それが落ちるんです。

ここからは、ベビーマグちゃんを詳しく説明していきましょう。

あ、その前にお時間のある方は公式動画をどうぞ。




マグネシウムで洗う次世代の洗濯!

マグネシウムで作られた水素水で洗うやさしいお洗濯

ベビーマグちゃんの中には、高純度(99.95%)のピュアマグネシウムが約70g入ってます。

ピュアマグネシウムは水の中に入れると、水素の気泡が発生し、アルカリ性の水素水を生成します。

この水素水に高い洗浄力があるんです。

  1. 皮脂汚れの分解率は「市販の合成洗剤と同様」
  2. 臭い成分の分解率は「市販の合成洗剤の10倍」
  3. 短時間でも圧倒的な除菌率



洗濯物と一緒に入れるだけの手軽さ!

何を隠そう、ベビーマグちゃんの最大の売りは「手軽さ」だと思います。

なにせ、洗濯物と一緒に入れて、洗濯物と一緒に干すだけです。

洗剤のように量を測ることもなければ、こぼしたりすることもない。もちろん買い置きも必要ありません。

もちろん、お風呂の残り湯も使えます♪

使用量の目安は以下の通りです。

洗濯物3kg → ベビーマグちゃん1個
洗濯物6kg → ベビーマグちゃん2個
洗濯物9kg → ベビーマグちゃん3個




部屋干しの嫌な臭いもスッキリ解消!

除菌効果のお陰で、部屋干しのあの嫌な臭いも発生しません。

まっつん(猿ver)サムネイル
梅雨時期のあのニオイはマジで臭いもんね!



使うだけで洗濯槽をキレイにしてくれる!

なんと、洗濯槽のカビや排水周りのあの汚れも、ベビーマグちゃんを使っているだけで除去してくれるんです!

まっつん(カフェver)サムネイル
洗濯槽クリーナーや重曹とかで掃除していたのがバカみたいに思えてくる(苦笑)



約1年間も利用できて経済的♪

ベビーマグちゃんは約300回利用できるので、1日1回の洗濯で10ヶ月使用ができます。

例えば、我が家の場合は6kg程度の洗濯になるので、ベビーマグちゃんを2個使用しています。

300回使用しても、実際には中のマグネシウムが減るだけで、すぐに洗浄力や分解力が落ちるわけではないので、継続して使用できます。

以下は「300回使用してもまだ使えるか?」に対する、宮本製作所からの回答です。

約300回の使用で、重量は1~2割程減少いたします。
最大で使用開始時の重さの半分(ベビーマグちゃんだとメッシュ含めて45g)になるまでは継続してご使用いただけます。しかし、半分以下になりますと、粒表面がつるつるしてしまうことや重量が軽くなりすぎてしまい、洗濯機で撹拌する際の摩耗する力が弱くなってしまいます。そのため、アルカリイオン水を作り出せなくなってしまいます。
重量が半分以下になりましたら、交換をお願いいたします。
また、300回程度使用されましたら、新しいマグちゃんを1個足して、マグネシウムが減った分を補ってご使用ください。

なるほど。。

それなら、減る量を多め(2割)で計算しても「300回で14gしか減らない」ので、900回ぐらいは使用できることになります。

つまり、9kgの洗濯量で「3個使用」していたとしても、1年に1個を買い足せば回るといことです。

年に1個の購入で済むなら、環境にやさしいエコな洗剤などと比べても、確実に安く済みます♪

もちろん、一般的な大手メーカーの合成洗剤と比較しても、コスパも負けていません。

更に、ベビーマグちゃんは「すすぎは1回でOK」なので水道代も節約できますし、洗濯槽クリーナーも必要ないので、トータルで考えると節約になります!







唯一のデメリット

皮脂汚れは合成洗剤に引けを取らないベビーマグちゃんですが、頑固な泥汚れなどは落ちづらい気がしてます。

我が家は、おてんば娘がいるので、娘が外で遊んで汚してきたときは、無添加の洗剤を併用するようにしていますが、これでバッチリよく落ちます。




汚れ落ちが不安な方は洗濯マグちゃんがオススメ

ベビーマグちゃんの良さはわかっていただけたと思いますが、せっかく買っても「汚れがちゃんと落ちるのか」不安という方もきっといると思います。

うちは息子たちが毎日部活で汚してくるから..

そんな方にオススメなのが「洗濯マグちゃん」です。

洗濯マグちゃんは、ベビーマグちゃんと同じ宮本製作所から出ているマグちゃんシリーズで、ベビーマグちゃんの「ピュアマグネシウム70g」に対して、「ピュアマグネシウム50g」で、値段も少し安くなっています。

その代わりに、洗剤(量は規定の半分)と併用する前提としています。

これなら、ベビーマグちゃんだけだと汚れ落ちが不安な方でも、いつもの洗剤と一緒に使えるので安心です♪




合成洗剤のない暮らしを目指してみませんか?

我が家では、合成洗剤を一切使っていません。

一部使っている洗剤も、すべて無添加の石けんタイプのものです。

もっと言っちゃうと、妻はシャンプーも食器用洗剤も使っていません。

「え?マジで?」と思う方も多いでしょう。

でも、実際は使わなくても何も問題ありません。我が家の食器は油まみれではありません(笑)

もう10年ほど前の話ですが、いつも通っていた美容師さんが言ってました。

よく泡立つシャンプーはほとんが合成界面活性剤を使用しているから使わない方がいいけど、泡立たないと洗った気がしないから、誰も使うのをやめないんです。

そんなものですよね。便利なものを捨てるのって本当に難しい。

だから、全部じゃなくていいと思います。

まずは、洗濯だけでも合成洗剤をやめてみませんか?