新幹線の車両基地がある博多南駅は実は那珂川町ではなかった。

新幹線の車両基地がある博多南駅。

元々JRの博多南線は新幹線の回送線のためにあったが、
「在来線にしてほしい。」という地元住民からの要望を受けて開業したそうです。

それにより、
博多駅から片道290円で新幹線に乗れるという奇跡の在来線が誕生したわけです。

今となっては「博多南駅」や「新幹線」は那珂川町のPRに欠かせない存在となってるし、
住民も自分の住む町を誰かに伝えるときに、

博多から新幹線で9分で来れるっちゃん

と、ドヤ顔で誰かに伝えることは多いと思います。

もちろんぼくもそうですw

でも、先日知ってしまったんです。。

博多南駅は春日市に位置しているということを。。

・・・。

たぶん知らない住民も多いと思うし、「嘘だ!」と信じない住民もいると思います。

Googleマップで調べてみたところ、、
赤い線が那珂川町と春日市の境界線です。
博多南駅周辺の境界線

確かに博多南駅は春日市ですね。
しかし駅ビルやロータリーは那珂川町。。 ややこしいわ。

これからは、
博多から新幹線で9分で来れるっちゃん
博多南駅は春日市やけどね ケッ

と、ドヤるように気をつけましょう。

っていうか境界線、入り組みすぎじゃない?w