山でコーヒー注ぎづらい問題が解決!トランギアのケトルがドリップポットに変身!

山好きのみなさーん!

山で美味しいコーヒー飲んでますかー?

山頂で豆から挽いて、その場でドリップして飲むコーヒーは格別ですよね♪

それ以外でも、誰もいない山中でのんびり飲むコーヒーがまっつんは大好きです!

@成竹山某所
山コーヒー

最近は、お気に入りのコーヒーショップの「ドリップバッグ」を持っていくことも多いのですが、コスパもあまり良くないし、余裕があればやっぱり豆を挽いてドリップしたいですよねー

まっつん(猿ver)サムネイル
できる男風に見えるしね(笑)

しかし!

山でコーヒーをドリップしようと思ったら、誰もが必ず悩む問題があります。

注ぎづらい!

写真の通り、ぼくはトランギアのケトル(やかん)がお気に入りで、もう長いこと愛用してますが、注ぎづらいったらありゃしない。

実際、トランギアに限らず、どこのメーカーのものでも山用のケトルは注ぎづらいですね。ドリップ用ではないので当たり前ですが。。

ぼくの周りだと「ワンドリップポット」という、一杯用の小さいドリップポットを持ってきている人もいます。

こんな感じで。
山でワンドリップポット

↑ドリップバッグだといらん気も..(笑)

もちろんドリップポットなんで注ぎやすさは抜群です。

しかし、あくまでも1杯分のドリップ専用なので、自分以外にも注いであげたいときは二度手間だし、カップ麺とかの湯沸かしには量が足りず、実用性に欠けるんです。。

まっつん(猿ver)サムネイル
パッキングもしづらいタイプのやーつ(笑)

キャンプならありかもですね。見た目はオシャレだし、キャンプ用のドリップポットもなかなかいいのないですもんね。




そんなわけで、ぼくの中で「山でコーヒー注ぎづらい問題」は解決せず、これまでずっと仕方ないと諦めていたんですが、、

ついに先日、そんな悩めるハイカーを救う魔法のギアをゲットしました!

なんと、トランギアのケトルに装着する専用パーツです!

その名も sosogu_!

ジャーン!
トランギアケトルがドリップポットに変身する魔法のギア

ケトルの注ぎ口にはめるだけで、ドリップポットに変身します!

これなら、荷物にもならないし、めちゃくちゃ注ぎやすいです!

どのぐらい?ってこのぐらい↓

正直、この「sosogu_」は文句のつけようがないです。

  • 注ぎやすい
  • 持ち運びしやすい
  • 今あるケトルに装着するだけ

ええ、完全に神ギアです。

どこに売ってるんだって?

あ、やっぱり欲しくなっちゃいました?(笑)

実はこれ、メーカー品ではなく、キャンプや山が好きな方が、個人で作って販売しているギアなんです。

takaさんという南九州在住の方で、ぼくはInstagramで知ったんですが、めちゃめちゃオシャレでかっこいいキャンパーさんです。

ギアの紹介自体は、ご本人から許可をいただいてますが、現在も販売されているかはどうかはわかりません。

「sosogu_」が欲しい方は直接takaさんに確認されてみてください。

takaさんのInstagramアカウントはこちら

他のメーカーのケトル使っていて、この「山でコーヒー注ぎづらい問題」に困っている方は、これを機に安くてコスパのいいトランギアに乗り換えて、「sosogu_」デビューしちゃいましょう♪

2019/2/17追記

他社のケトル用も作ってください!

という要望が多かったそうで、現在はサイズ展開も始めたそうです!

以下が、各サイズとそれぞれに適合するケトルの一覧です。

sosogu_(L)
注ぎ口の直径は20mm-16mm
[EAGLE Products]Campfire Kettle 1.5L
sosogu_
注ぎ口の直径は18mm-14mm
[trangia]ケトル全サイズ
[EAGLE Products]Campfire Kettle 0.7L
[GSI]グレイシャーステンレスケトル
[Coleman]パックアウェイケトル
sosogu_(S)
注ぎ口の直径は16mm-12mm
[UNIFLAME]山ケトル0.9L

上記のケトルだけ紹介しておきます!(サイズ等はご自身で必ずお確かめください。)